大学生のインターンシップ

インターンシップとは、学生がインターンシップを行っている企業の中で一定期間就業体験を行うことである。その期間は、企業によって異なり、1日限定のものから、1週間のもの、数か月に渡るものまで様々である。また、企業によっては、就労に見合った賃金が支払われるところもある。大学生のインターンシップは、その企業での実際の業務を経験する貴重な場であり、その仕事が自分に合っているかを見極める場として活用できる。つまり、就職活動を行う上で企業、業界、職種を選ぶ際に非常に役に立つのである。

大学生のインターンシップは、だいたい大学3年生の夏頃から募集がスタートする。7月から9月が募集のピークだが、秋や冬に行う企業もある。そもそも、自分の参加したい企業がインターンシップを行うかどうかあらかじめ調べておく必要がある。また、募集を行っていない企業であっても、志望度が高く、どうしても就職したい企業であるならば、電話などで問い合わせてみるのも良いだろう。かなり意欲のある学生だと好印象を与えると共に、インターンシップを受け入れてもらえる可能性もある。ただし、マナーをしっかりと守ることを忘れてはならない。

インターンシップは、面倒だと思ったり、必要ないと考える学生も多数居るが、時間があるのならばやっておくにこしたことはない。実際、インターンシップを行った企業で内定を頂けることもあるのである。また、業務を体験しているため、志望動機がはっきりとしたり、エントリーシートなどもスムーズに書くことができる。また、その業界に自分が向いているか向いていないか、早い段階で気づくことができ、就職活動にも有利である。大学生のインターンシップは、就職活動スタートのきっかけとして参加することがお勧めである。

Share on Facebook
はてなブックマーク - 大学生のインターンシップ
Post to Google Buzz
[`grow` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">